1年ほど前、うっかり床に落として
動かなくなった時計。
親父の形見で、もう40年も前のもの。

派手な主張や無骨な威圧がなく、
だけれど見劣りやひけを感じることもないので
年相応に重宝していたけれど、しかたない。
いつか修理と思いながら今日まで。

今朝、ふと手にとってみると
針が動くではないか!

そういえば、3ヵ月ほど前、
仕事場のMacのSafariが立ち上がらなくて、
Appleのサポートにも相談したけれど、
どうにもならなくて、
なんとか立ち上がるChromへ。

それにも慣れてきた今週の始め、
何かの手違いでSafariをクリック。
するとなにごともなかったように
「やぁ、久しぶり」という感じで立ち上がり、
昨日とおなじ顔つきで普段の働きをしてくれる。

初期化しなくてよかった。
買い換えなくてよかった。
捨てなくてよかった。
失わなくてよかった。
まだまだがんばってくれるのだ。

改めて思うけれど、
大切な人、大切な物、
長くつきあっていきたい人や物とは、
日頃のメンテナンスに加え、
ときには距離や時間をおくことも必要だと思う。

大切だからこそ、
その関係に休息の時間を設ける。

なにごともなかったように時を刻む
秒針の動きが
そう語っているようです。

関連記事

  1. 2018.9.18

    真夏のサクラ。

    8月15日に発売された、岩崎宏美さんのニューアルバム「PRESENT〜for you * f…

    真夏のサクラ。
  2. 2019.11.24

    人生で一番聴いた「アルバム」。

    FM COCOLOのメンバーがアルバムというパッケージ作品にこだわって愛着のある作品…

    人生で一番聴いた「アルバム」。
  3. 2019.9.1

    カーマイン・ストリート・ギター

    観終わったあと、思わずギターが弾きたくなる。そんなにうまくはないけどね。ニューヨ…

    カーマイン・ストリート・ギター
  4. 2020.2.22

    3千円1本勝負、200突破記念。

    FM COCOLOのラジオプログラム「門上西林物見遊山」では、毎月最終土曜日…

    3千円1本勝負、200突破記念。
  5. 2020.1.22

    室蘭の焼き鳥。

    焼き鳥といえば、肉は鶏と思い込んでいましたが、室蘭では違うようです。全国の職人の…

    室蘭の焼き鳥。
  6. 2020.1.13

    つつんで、ひらいて

    1万5千冊をデザインした装幀者・菊池信義さんと本をつくる人々のドキュメンタリー、…

    つつんで、ひらいて

書くということ、企画するということ、それを仕事に、個として生きていくということ。
そんな言の葉を拾い集めてみました。

最近のBLOG – 言葉の落葉

カテゴリー

アーカイブ