お知らせです。
はじめての本が出版されます!
 
自主出版のあまい囁きや
ゴーストライターの仕事はありましたが、
できればきちんと印税契約をしたうえで
出版したいと思うと
バッターボックスへ立つことは
なかなかできませんでした。
 
それを実現してくれたのが、
今回の、立川直樹さんについての本です。
 
『96のキーワードでひもとく
 立川直樹という生き方(スタイル)。
 I Stand Alone』
 
ボーダーや、カテゴリーや、肩書きなどは
ひょいと越えて、いつの時代も、あらゆる領域で、
さまざまな人と、遊ぶように仕事を重ねる。
そんな立川さんのこれまでをお聞きして
96のキーワードにまとめました。
 
ある酒場で、
「あんたにホンマに書けるんかいな」って
心ないこともいわれましたが、
まあ、大プロデューサーの本を
無名のコピーライターがプロデュースするんだから
この企画を人に話したら、
誰もがそう思うんだろうと考え直して
逆に、励みとして取り組みました。
 
うん、めちゃめちゃおもしろい。
直すところはほとんどないよ。
立川さんにそう言ってもらえて
原稿作業は終わりました。
現在は装幀デザインに移っています。
9月6日、青幻舎からの出版となります。
 
来月には出版社からの情報がアップされる予定です。
1冊の本づくりに、
企画から取材・執筆・編集・デザイン、
さらには出版後の発売イベントまで
すべてに参加できるのははじめての経験なので
いろいろ勉強したいと思います
いくつになっても新人になれることは
ありがたいことです。
発売のあかつきは、よろしくお願いいたします。
 

関連記事

  1. 2021.10.30

    移動日

    今日は、山形から新潟への移動日。移動日、なんて響きのいい言葉なんだろう。朝からチェッ…

    移動日
  2. 2023.5.3

    香港の万年筆

      万年筆を使うようになったのは30代前半からだ。 昭和の作家は原稿用紙のマス目に彫刻す…

    香港の万年筆
  3. 2021.11.12

    新刊『音楽の聴き方』発売決定!

    誕生日も旅の空の下。出張で鹿児島にきています。ありがたいことです。さて、お知らせを1…

    新刊『音楽の聴き方』発売決定!
  4. 2023.6.24

    ブルックリン生まれのウイスキー。

      ちょうど2回目となるニューヨークへの旅のまえに、ブルックリンの街中にウイスキーの蒸留所が…

    ブルックリン生まれのウイスキー。
  5. 2022.10.2

    バー露口

    またひとつ、名店が灯りを落としました。バー露口。はじめて訪れたのは2016年。見ず知らず…

    バー露口
  6. 2023.5.6

    はじまりとしての法隆寺

      大阪に住んでいてよかったと思うことのひとつは、古都が近くにあることだ。 京都が太陽だ…

    はじまりとしての法隆寺
  7. 2020.1.13

    つつんで、ひらいて

    1万5千冊をデザインした装幀者・菊池信義さんと本をつくる人々のドキュメンタリー、…

    つつんで、ひらいて
  8. 2023.5.11

    ベストパートナー賞!

     お世話になっているアワーズさんから(アドベンチャーワールドの運営会社さん)突然、盾…

    ベストパートナー賞!
  9. 2019.9.1

    カーマイン・ストリート・ギター

    観終わったあと、思わずギターが弾きたくなる。そんなにうまくはないけどね。ニューヨ…

    カーマイン・ストリート・ギター