1万5千冊をデザインした
装幀者・菊池信義さんと
本をつくる人々のドキュメンタリー、
「つつんで、ひらいて」

本っていいなと、
わたしたちが思う裏側では、
こんな刺激的なことが行われているんですね。
そして菊池さんの仕事は、なんて詩的なんでしょう。

装幀に限らず、物をつくるとは、
こういうことなんだと
説得ではなく、共感させてくれる94分。

「『デザイン』の日本語は、『造る』とか『設計』ではなく、
『こさえる(こしらえる)』という言葉だと思うんです」という
菊池さんのこの一言の意味を知るだけでも観る価値がある。

本好きの人はもちろん、
言葉やデザインや映像など、
物作りにかかわる人は必見ですよ。

映画が終わって、淡い灯りがついたとき、
まず思ったのは、
さあ、明日も仕事を楽しもう!

大阪は、第七藝術劇場、
神戸は、神戸アートビレッジセンターで公開中。

京都は、出町座で、1月24日から。

関連記事

  1. 2020.8.25

    橫浜、サンマーメン。

    橫浜、サンマーメン。
  2. 2020.1.22

    室蘭の焼き鳥。

    室蘭の焼き鳥。
  3. 2020.7.18

    I Stand Alone.

    I Stand Alone.
  4. 2020.10.2

    「I Stand Alone」出版記念公…

    「I Stand Alone」出版記念公開収録のお知らせ
  5. 2020.12.30

    希望と、共に。

    希望と、共に。
  6. 2019.12.21

    距離を置く。

    距離を置く。
  7. 2021.4.21

    命のバトンを、希望のバトンへ。

    命のバトンを、希望のバトンへ。
  8. 2020.12.12

    旅の相棒。

    旅の相棒。
  9. 2019.9.1

    カーマイン・ストリート・ギター

    カーマイン・ストリート・ギター

最近の記事

カテゴリー