こだわるという言葉があまり好きではありません。ひとつのことを繰り返したり、執着するという意味で口にする人が多いからです。打ち込むことは大切だし、のめり込むことも、繰り返すことも大切ですが、ある程度打ち込んで、これは違う、このままではいけないと思ったら、さっさと方向転換するべきと考えています。

思うのですが、こだわるとは、同じことを繰り返すことではなく、さらに上があるのではないか、他のアプローチがあるのではないかとアップグレードすることではないでしょうか?毎日がスタートアップと考えるように、いつもの仕事にもさらにできることはないか、今日も目の前の人を喜ばせることはできないだろうか、その術を探る。それがわたしの思うこだわるということ。そんな仕事を積み重ねていきたいと思います。

関連記事

  1. 2018.9.18

    真夏のサクラ。

    真夏のサクラ。

最近の記事

カテゴリー