焼き鳥といえば、肉は鶏と思い込んでいましたが、
室蘭では違うようです。

全国の職人の仕事を取材する旅の
今期の最後が北海道。
氷点下の苫小牧、室蘭、小樽を巡りました。

室蘭で一泊。

ソウルフードは焼き鳥で、
その肉は豚と知ったとき、血が騒ぎました。

焼き鳥で、豚?

そういえば、北海道の友人が
豚もつの串焼きを焼き鳥と言っていたのを
思い出したからです。

日中戦争で軍人さんの靴の素材にするために
豚の飼育が奨励され、精肉と皮以外は
自由にしていいということで、
おいしくいただく文化が育まれたとか。

戦後、ブロイラー鶏が流通するまでは、
鶏はとても高価だったので、
そのモツで代用したのが焼き鳥の発祥とか。

その土地で生き延びるための知恵と工夫が、
その地の名物になることはよくあること。
室蘭の焼き鳥は、その好例かもしれません。

これはいただかないわけにはいかない。

カメラマンとホテルをでて、
凍った道をそろりそろりと歩きながら、
一平本店の扉を開けました。

6時にもなると、地元の方で満席。

リーズナブルで、おいしい。
それは流行りますね。

地元の方のことばをBGMがわりに、
串とモツ煮をアテに、ビールを。

室蘭の夜がやさしく開いていくのでした。

関連記事

  1. 2018.9.18

    真夏のサクラ。

    8月15日に発売された、岩崎宏美さんのニューアルバム「PRESENT〜for you * f…

    真夏のサクラ。
  2. 2019.11.24

    人生で一番聴いた「アルバム」。

    FM COCOLOのメンバーがアルバムというパッケージ作品にこだわって愛着のある作品…

    人生で一番聴いた「アルバム」。
  3. 2019.9.1

    カーマイン・ストリート・ギター

    観終わったあと、思わずギターが弾きたくなる。そんなにうまくはないけどね。ニューヨ…

    カーマイン・ストリート・ギター
  4. 2019.12.21

    距離を置く。

    1年ほど前、うっかり床に落として動かなくなった時計。親父の形見で、もう40年も前のも…

    距離を置く。
  5. 2020.1.13

    つつんで、ひらいて

    1万5千冊をデザインした装幀者・菊池信義さんと本をつくる人々のドキュメンタリー、…

    つつんで、ひらいて

書くということ、企画するということ、それを仕事に、個として生きていくということ。
そんな言の葉を拾い集めてみました。

最近のBLOG – 言葉の落葉

カテゴリー

アーカイブ